2015年5月24日日曜日

使用済み電化製品の処分方法

2015年5月24日(日)
9時35分起床
体重 65.0 kg

今日の予定
  • 洗濯
  • 掃除機
  • 芝刈り
  • リサイクル
  • 食料品の買出し
  • お呼ばれ
何と俺としたことが4時間以上も寝坊。一応5時10分に起きて目覚ましを止めたのだが、少しだけ二度寝しようとして気が付いたら9時を過ぎていた。日曜日だし最近はずっと5時間睡眠が続いていたから最初から二度寝する気はあったのだけど、まさか4時間以上そのまま寝るとは思わなかった。起きても体がものすごく重い。風邪なのかと思って熱を測ってみたけど36度5分と平熱だ。ちょっと疲れが溜まっていたのかな。その後は洗濯機を回しながら朝ごはんを食べ、掃除機をかけて芝を刈ったのだが、いつもよりも体の動きがスローだ。シャワーを浴びて出かける準備をしたらもう2時を回ってしまった。

食料品の買出しに出かけたのだが、まずは嫁さんがジュンコのおうちに用事があったので挨拶に寄った。赤ん坊もすくすくと育って、旦那さん曰く随分と大きくなったそうだ。俺は3週間ぶり(?)ぐらいに見たのだが、余りよくわからんかったけどね。今後もどんどんと大きくなって、会うたびに「おおきくなったねぇー」と言う様になるのだろうか。

その後は近所の電気量販店のベストバイへ古いパソコンを捨てに行った。捨てると言ってはいけないか。正確にはリサイクルって呼ぶんだけど、手放す人にとったら捨てることと同じだもんね。古い壊れたパソコンとかは捨てる場所に困る。燃えるゴミとして出すわけにもいかないし、通常のリサイクル品として紙やペットボトルと一緒にほかすわけにもいかない。だが、俺は今日まで知らなかったのだが、こんな時便利なのが電気量販店だ。どうやらワシントン州には2006年に制定された法律があり、これによると使用済みの電化製品の引き取りは売る側に責任が生じるというものだ。よって使用済みの電子機器類は無料で量販店が引き取ってくれる。うちには使用済みのハードドライブが5、6台あるし、壊れて動かなくなった(正確にはXPのサポートが切れた途端にマイクロソフトのウイルスソフトが誤作動を起こして起動できなくなった)パソコンがある。捨てる方法に困っていたのだが、なんだ、ベストバイに持っていけばよかったのか。

店に入った場所にあるキオスクで聞いてみると、そのようなリサイクル品はカスタマーサービスのカウンターで引き取ってくれると言う。 だが、頭の悪そうなカスタマーサービスの兄ちゃんはハードドライブは受け取れないと言う。個人情報がどうのとか。ホームページに書いてあったとか、知ったばかりの知識でワシントンの法律が云々とかを言って反論することもできたけど、この際パソコンだけでも引き取ってくれるのはありがたい。それ以上は議論せずに帰った。ロウズの件もあって、何か色々と言い合うのはもうこりごりだ。

あっさり引き下がった理由だが、実は他にも引き取ってくれそうな場所を調べておいたのだ。実は今日、別件で家にある使っていない電灯を寄付しにグッドウイルという寄付センターにもって行く予定だったのだ。で、実はそこでも古い電化製品をリサイクルしてくれるらしい。だから電灯を寄付した際についでにハードライブのことも聞いてみた。するとベストバイなんかとは全然対応も違ってあっさり「おう、いいよ、そこに置いとけ」って感じで引き取ってくれた。おお、全然楽じゃん。ってか、最初からパソコンもここに持ってくればよかったよ。そんなわけで、過去10年分ぐらい捨てるのに困っていたハードドライブをやっと処分できた。実はグッドウイルという寄付センターでパソコンを引き取ってくれるのは知ってたのだが、てっきりまだ使える品しか受け取ってくれないと思っていた。だって寄付センターにゴミを持って行っては駄目でしょ。でも実はその寄付センターでは使用済み電化製品を引き取って廃棄してくれることもやっているのでした。

ちなみにこの使用済み電化製品を無料で引き取る事業はワシントン州が管理しており、法律によって各群や一定以上の人口を有する市に引き取り場所を設けなければいけないらしい。この回収場所はほとんどの寄付やリサイクルセンターに設置されており、現在州内には340以上もの回収場所があると言う。ちなみに、ちゃんと使用できる製品はスリフトショップかで売られるそうだ。法律の制定自体は2006年だが実際にこのプログラムが稼動したのは2009年と比較的最近だ。初年度から当初の予想を大幅に上回る量の電化製品の回収に成功しているそうだ。リサイクルと言う表現はいつもきな臭い香りがして嫌なのだが、これに関しては少し見直してしまった。なにより無料で引き取ってくれるのはありがたい。いや、待てよ。それらの運営資金は結局俺が納めている税金か。だったらもっと活用しないとね。

2015年5月23日土曜日

メモリアルデー3連休

2015年5月23日(土)
5時10分起床
体重 64.7 kg

今日の予定
  • 休日出勤
  • ジム
この週末は三連休です。月曜日がメモリアルデーとなっており、この日を堺に本格的夏が始まると言ってもいい・・のかな。ニューヨークに住んでたときはバーベキュー最初の日なんて言う人がいたけど、その呼び方が正式かどうかは俺は知らん。ってかアメリカ人は常にバーベキュー好きでしょ。

このメモリアルデーですが、毎年5月の最終月曜日と決まっており、アメリカではほぼ全ての機関と会社が休みとなる大きな祝日なのです。うちの会社も元旦以来半年振りの祝日です。メモリアルと言えば思い出すのは潮騒のメモリーだが、いやいや、このメモリアルデーは戦没者の追悼記念だ。過去に戦争で亡くなった兵士を追悼するのです。大統領だって追悼演説をする。早い話日本では靖国神社の例大祭なのだが、日本では首相の参拝どころか閣僚が参拝しただけで何故か外交政治問題に発展してしまう。何故かではなく、とある隣接した2カ国のせいなのだけどね。強い指導力を発揮していると言う安倍首相でさえ未だに8月15日はおろか、春と秋の例大祭にすら参拝できない状況だ。一昨年の12月に電撃参拝はしたけど、その程度でわーわーニュースになるってどうなのかしらね。ま、そんな日本の話は今日はしません。しだすと10時間ぐらいかかりそうだから。

・・・

さて、そんな3連休の初日ですが俺は出社せざるをえませんでした。仕事の方が忙しくて本当ならこの3連休もぶっ続けで現場を仕切るはずだったのだが、肝心の現場の人たちは既に休みを取っていて人員不足でさすがに3連休を潰すというのは無くなった。ま、俺としてはありがたいことなのだけどね。最近は少し責任のある仕事を任されているので中々以前みたいに「この休みは出ません」だの「この出張は嫌です」みみたいなわがままはあまり言えなくなってしまった。それに最近は会社が本気で人を減らしているから、わがまま言ってたら干されてしまう。(以前にシンガポール出張を断ったら、その後1年ぐらいそれに関する重要な仕事から外されたしね。)干されるだけならまだしも、下手すりゃクビになりかねない。ここ2週間で俺の周辺でもかなりの中堅ベテランが二人クビになったし。

今後の出張予定だが、恐らく確実なのが7月13日の週(もしくは20日の週)に広島、8月に立川、それにミシガンへの出張だ。ミシガンのは9月ぐらいになるかもしれないが、8月にはある国家機関で別の講習が入っている。これは絶対に行かないと今持ってる資格が失効してしまう。そうなると本当に会社では使えない人になってしまうぞ。今仕事をクビになったら家のローンも払えないし、ってか健康保険すら払えなくなる。となると・・・ ((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

・・・

ところで今年のモリアルデー、天候はあいにくのようです。どっちにしろ外に出かける用事はなかったけどね。でも明日の日曜日はアズサから「今週末うちでBBQでもやりますか?」みたいなお誘いが今日あった。今週末の誘いを今週末になってからするって相変わらずだけど、とりあえずそれはそれで楽しみである。

ちなみにメモリアルデー当日はうちの母親がシアトルに到着することになっているので空港まで迎えに行かなくてはいけない。病院にいなかったら、の話だけど。


2015年5月22日金曜日

ネヴァー・エンディング・ストーリー (シャワードア編)

2015年5月22日(金)
5時10分起床
体重 64.8 kg

今日の予定
  • ジム

今日は金曜日だけど昨日ジムに行けなかったから今日行って来た。昨日は新生児ケアの授業を受けに病院に行って来たのだ。教室は実際に生む場所と同じ病棟の3階。近々ここに来ることになるので駐車場のチェックもしておいた。さて、いつ来るのかな?ちなみにクラスはこんな風景です。



怖いわ!

・・・

さて、最初にロウズに行ってから1ヶ月が過ぎたが、まだうちのシャワードアは取り付けられない。一体この国はどうなってるのか。前回は確かホルコムドアを注文したところまで書いたと思う。さて、その後の話をしよう。注文した時は何回も何回も何回も「後は待ってるだけで取り付け業者から電話が来るんですね」と確認したが、その時話したマネージャーのビルさんは「もちろんさ!はっはー!」 とツー・サムズ・アップで約束した。で、この月曜日にロウズから電話があった。だがその電話から聞こえてきたのは

「アナタノ ドア トドイタヨ。ハヨ トリニ コイヨ。」

おいおい、自動メッセージかよ。ってか、取りに来いってなんやねん。業者が取りに行ってうちまで運んで取り付けてくれるはずとちゃんかい。

不安になったのでロウズに電話してみた。

1回目の電話は確か火曜日。担当者がいないから取り次いだ人に電話番号を伝えて折り返し電話してもらうことにする。が、予想通り水曜日が終わっても結局電話はこなかった。

2回目の電話は木曜日。昨日だ。お昼頃に電話したが、またしても担当者がいないという。このドアを俺と一緒に注文したのは確かマネージャーのビルって人だ。ビルさんを出せと言ったが、彼のシフトは午後2時半かららしい。2時半になったら電話してね、と言われて電話を切られそうになった。おい、お前が調べられないのか、とダメもとで尋ねたが答えはやはり「ワタシワカリマセーン」。うん、こりゃ駄目だ。

その後、2時半に電話するはずが仕事で忙しく、結局3時半に電話したのだが、今度は電話そのものが通じない。いや、電話は繋がっているのだがいくら声をかけても何も聞こえない。むかついて切った。本当に大丈夫か、ロウズ!?

さて、その後また仕事が一段落した後の5時過ぎに再度電話する。今度は別の人が出たが、彼曰く「ビルはたった今ランチに出ちゃったよー」とのこと。5時からランチってどういうことやねんと言う俺の突っ込みは軽く無視され、仕方ないから状況を説明する。

「かくかくしかじかでまだ取り付けの連絡がないんですけど。ビルに確認するようにしっかり言っておいて。ってかあんたじゃ確認できないの?あー、駄目なのね、やっぱり。ちゃんと伝えてね。何、ノープロブレム?本当に?よし、じゃあ頼んだよ。」

電話の相手は全く問題を解決できず、結局ビルに伝言を残すだけで会話は終了した。どうしてこうもみんながみんな仕事ができないのか。ロウズの店員は幼稚園児か?

で、結局今日が終わっても電話がなかった。これはもう直接乗り込むしかない。明日は土曜日だが仕事で会社に行かねばならない。ので今日、ジムを終えた後に着替えもせずにそのままロウズへと寄った。時間はもう7時半だ。

バス・トイレの部署まで行って担当者を呼ぶボタンを押す。ほどなくしてやってきたのはいかにも頼りにならなさそうなおじいちゃん。ビルはいるか聞いてみたら「あー、今ランチにいっちゃたよー」。おい!またランチか!?昨日は5時でしたが今日は7時のランチですか!?

ま、いいや、とりあえずおじいちゃんに説明をする。システムに入って調べてみてよ、と聞いてみるが「わしゃようできん」の一点張り。どういうことだよ、何でできないのに店員をやってるの?あんた何様?

「出来ないとは言っておらん。ただ、やり方がわからんだけじゃ」

この返事には思わず椅子から転げ落ちそうになった。おじいちゃん、それをできないと言うのだよ。机をひっくり返して「こんな店で二度と買うか!」と切れそうになったが、そうしたところで俺に何の特もない。さすがにこの歳になると切れて怒るのは問題を悪化させるだけだと理解している。ここは仕事と同じ。あくまでも笑顔。無理に笑いながら言いたい事だけはちゃんと言う。

「俺ね、何回も電話してんの。取り付け業者に連絡がいってるのかどうか、知りたいのはそこだけなの。え、俺がロウズの取り付け部門に電話して確認しろって?え、今日はもう閉まっていて明日の朝7時に開くって?いやね、それってあなの仕事じゃない?おじいちゃんも座ってるだけでお金もらってちゃ良心が傷つくよね。とりあえずビルさんに伝えてもらえる?俺の名前言えば彼も思い出すからさ。」

そこまで言った時にじいさんは返事した。

「知っとるよ、おまえさんのこと。昨日も電話してきたじゃろ。」

昨日電話で散々話してらちがあかんかったのはあんただったのか!?こりゃ駄目だ。これ以上話しても時間の無駄。ただここで帰るわけにはいかん。「ビルさんがランチに行ってるのなら、帰った時に必ず調べてもらってよ!絶対だよ!ビルさんにはちゃんと俺に電話するように言っておいてよ!絶対だよ!」

そこまで念を押して店を後にした。どうせ電話なんてかかってこないだろう。

と思ったら夜の9時前になってついに電話がなった。ビルさんだ。

「いやー、悪いねー。えー何だっけ?ドア?えーと、何のドア?シャワー?え?ホルコム?あーあー、はいはい。知ってる知ってる、もちろん覚えてるよー」

実にうそ臭い返答だ。絶対覚えてないよね。彼は続ける。

「今取り付け部門の記録を見たけど、木曜に業者に連絡したことになってるよ。今週末は3連休だから、来週の水曜日になって何も連絡中たら、取り付け部門に電話してねー。」ガチャ。

結局ここまで時間を費やしてほとんど何も進展しておらんではないか。いや、電話がかかってきただけでも対したもんだ。さすがマネージャーのビルさん。いかんいかん。アメリカで暮らしていると志が低くなりすぎてしまう。折り返しの電話だけで感動してしまうとはどういうことだ。

それにしても。たかがドアの取り付け、一体何日かかることやら・・・。

次回、果たしてドアは取り付けられるのか!? 乞うご期待!